台湾博物館
屋外展示

屋外展示

館前路の正門から二二八和平公園に入ると、正門前広場の東西両側の屋外展示エリアが目に入ります。本エリアは館前路の脇から繋がっており、それぞれ銅牛、民間の石器、巨石文化の遺物と古い機関車が展示されています。銅牛広場にあるこの一対の銅牛は、もともと日本統治時代の台北神社の遺物で、1949年に今の場所に移されました。この二...

  • 期間:2004/01/01
  • 場所:台湾博物館
  • 類型:常設展
台湾の発見 - 台湾の自然史と自然主義者の再訪

台湾の発見 - 台湾の自然史と自然主義者の再訪

「台湾発見:新世紀の常設展示、国立台湾Musem Episode I」は、21世紀から国立台湾博物館(NTM)の最初の常設展である。この展覧会は、台湾の自然史、自然主義者、自然史の発見の時代を辿っています。台湾の自然界が現代の自然史によってどのように「発見」されたかを明らかにするために、探検家とその調査を提示する。...

  • 期間:2017/11/21
  • 場所:台湾博物館
  • 類型:常設展
Total:2Current page:1/1