これまでの展示
気をつけて、象が来る

気をつけて、象が来る

NTM創立110周年記念特別展!ゾウは、数百万年の間に約200種が進化し、世界中に広がった。およそ2万年前、人間は羊毛のマンモスと共存しました!人間の狩猟が絶滅の原因であったかどうかをまだ判断していない科学者今日では、アフリカとアジアの象だけが地球上で生き残り、彼らは絶滅の危機に瀕しています。象の象牙の取引は野生の...

  • 期間:2018/06/02
  • 場所:台湾博物館
  • 類型:特別展
時間の鏡:乾燥プレートネガ写真展

時間の鏡:乾燥プレートネガ写真展

今回の展覧会では、乾燥したプレート(「ガラスネガ」とも呼ばれる)の根本と特徴を、日本や他の国の写真の傾向を研究し、これらの現存する写真から収集できる文化的、歴史的詳細を解説することから探っています。「時間の鏡:乾板写真展」は、9人の写真家の生活イベントを再現するために、文書や文化的物体の検査と展示が補われた重要な物...

  • 期間:2018/06/19
  • 場所:台湾博物館
  • 類型:特別展

Algae Encyclopedia Exsiccatae from NSM, Tokyo

  • 期間:2018/05/01
  • 場所:南門パーク
  • 類型:特別展
新しい農業の有機ライフ-毛毛の洞洞国の旅

新しい農業の有機ライフ-毛毛の洞洞国の旅

虫食いのあとのある野菜は食べられますか?昆虫がいる土壌は健康でしょうか?「毛毛」と「阿農」が案内する有機の「洞洞国」では「万物を育む土壤」に関する紹介のほかに、「食物」と「食品」を見分けるゲームにトライしたり、「台湾の農地の危機」を知り、「環境にやさしい耕作と消費」について探索したり、また「新しい土地教育と芸術」に...

  • 期間:2013/11/30
  • 場所:南門パーク
  • 類型:特別展
樸埔の風情-躍動する先民の姿特別展

樸埔の風情-躍動する先民の姿特別展

今回の展示は、文化部所属の国立台湾博物館が主催し、国立故宮博物院、中央研究院歴史語言研究所が合弁してます。台博館の至宝の一つ「康熙台湾輿図」を主体とし、これに「番社采風図」や文献史料の記録を組み合わせました。そしてデジタル科学技術を運用した17メートルの「康熙台湾輿図」の動画と平埔族の風俗を描いた動画の物語を配する...

  • 期間:2015/03/24
  • 場所:台湾博物館
  • 類型:特別展
Total:27Current page:2/6